ジャックポットだってちゃんと当たる

ジャックポットゲームは、お金を集金するために作られている詐欺ゲームという話が出ています。
しかしそのようなことはありません。

何処かで的中するように作られていて、1人のユーザーに対して多くの金額を渡しているのです。
この状況を作ることができるまで、ユーザーは頑張って回し続けなければならないのです。

ジャックポットを狙おう

極端に小さい確率を多くの人で取り合う

ゲームの仕組みは単純で、一番最高の当たりを提供するために小さい確率を当てることになります。
運もかなり要求されますし、ゲームをプレイする金額もそうそう小さいものではありません。

しかもそのゲームの的中を取り合っているのはかなり多くの人で、そうした人がプレイを続けていることで的中する可能性が生まれていることになります。
この小さい確率を取り合っていることで、場合によってはかなり変わった状況が起きています。

徐々にですが当たりやすい気配が出てきて、そろそろ放出するかもしれないというイメージが生まれることになります。
このイメージがしっかりと出てくるようになれば、ジャックポットゲームも的中するようになるので、集金マシーンになっていることはありません。

かなり小さい確率なので当たるのは年単位に

確率は相当小さいもので、的中する可能性は年単位になっています。
年単位は1年くらいあれば的中するかもしれないと感じられますが、結果的に2年くらいかかってしまうこともありますし、3年後にようやく放出というケースもあります。

溜まっている金額は影響がなく、基本的に多くのプレイをしていることで、もしか設楽が起きた時にジャックポットは開放されることになります。
年単位というのは、普通に考えれば詐欺に近いように思われます。

しかしプレイしているユーザーはそのゲームを続けることで、多くの金額と名声をもらいたいと思っているので、このゲームを続けることになります。

どのゲームにも集金マシーンは起こらない

どういった状況になったとしても、集金マシーンのような状態は起こらないですし、勝手にゲームが変更されて当たらないような状況に陥ることもありません。
大事なことはゲームには的中率が存在し、この的中率の範囲内で色々やっているものと考えてください。

ジャックポットゲームは、その中でも極端に小さい確率を手に入れることになります。
そう簡単に出来ることでもありませんから、当たらないひびが続いてしまうのはやむを得ないことと思えばいいです。
ジャックポットゲーム以外でも勝つことは出来ます。